夫の不倫を発見したら?

夫の不倫を発見したら?浮気を認めさせる止めさせる方法

旦那さんが不倫しているかも、と言う疑惑が確信に変わった瞬間は、人それぞれのようです。ある方は夫の出かける背中で分かったと言い、また別の方は避けられるようになったと言います。スマホの画面から、一瞬にして確信してしまうことも。

 

現実を受け止めるために

浮気する前の関係に、もう戻ることはありません。例え一時の気の迷いから不倫に至って、目が覚めて家族のもとへ帰って来たとしても、不倫の事実は消えません。「忘れよう」としても恐らく、忘れることはできません。

 

まずは自分がどうしたいか、本当の気持ちを考えて下さい。夫が本当に不倫しているなら、離婚するのか、しないのか。離婚したいのか、したくないのか。旦那さんが本当に不倫しているかの確認は、それからでも遅くはありません。

 

別れたくないのなら、不倫をむやみに追及することから夫婦仲を悪くしたり、浮気が本気になってしまうきっかけになることもあります。とはいえ泣き寝入り、自分だけ我慢する必要があるとも思えません。どうして不倫したのか原因を考える必要もありますし、今後何か対策をする必要もあります。

 

いずれにしても、まずは自分の気持ちを見つめましょう。辛く苦しい思いが溢れ、冷静に考えることもままならないでしょう。でもそれ以外からは、「本当の気持ち」が見つかるとはどうしても思えないのです。

 

旦那さんを信じられますか?

例えばいくつかの証拠を並べて、「不倫しましたね」と夫を問い詰めたとします。男性は大抵否定しますし、素人が得られる不倫の証拠のほとんどは状況証拠、つまり事実を立証するものとは呼べません。言い逃れされてしまうこともあります。

 

それを無理にでも信じて、あるいは信じられなくても、関係を修復する気持ちがあれば、そこで終わりにしましょう。旦那さんも懲りて、もう二度と浮気や不倫はしない、と誓うこともあります。その場合はしっかりと、きっぱりはっきり「私は不倫されたら、絶対に許しません。離婚します」と言う事は伝えておきましょう。

 

法律の上では浮気、不倫は「不貞行為」と呼ばれます。パートナーの信頼を裏切る行為として、パートナー以外の異性と肉体関係を持つことを言います。この法律上の一般論から、多くの夫婦は、他の異性と肉体関係を持った時から不倫、と判断しているようですが、独自にルールを設け、それに従って判断をしているカップルもあります。

 

不倫を認めさせるには

絶対に言い逃れられない証拠を手に入れましょう。メールやLine画面では弱く、朝帰りの日記の記録や、ラブホテルの利用履歴も不十分です。不倫相手とのツーショットを、ラブホテルの入り口で撮影するなど、各実に肉体関係にあることが分かるものが一番良いとされています。となれば、素人、個人で手に入れることは難しく、探偵事務所などの協力が必要でしょう。

 

嘘はバレるのだと徹底的にわかってもらうことで、二度と浮気や不倫をしなくなることがあります。しかし中には、何度でも繰り返す男性も。夫がその様な性質の方の場合は、一日も早く離婚する方が良いかも知れません。

 

⇒不倫の証拠を押さえる探偵・興信所の無料相談一覧